■プロフィール

図書館のネズミ

Author:図書館のネズミ
図書館と博物館が好きです。
雨上がりのポプラの匂いも好きです。
もうやめた!と思いつつも気が付くと考え続けています。
記事数が1000を超えているので、右上の検索窓を使って記事を探すことができます。
「気温」でも「夢」でも「図書館」でも、お好きな言葉でどうぞ。

■訪問者

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

目安を決める
子どもの頃
札幌神社のお祭りまではストーブをはずさない、とされていた。
後に北海道神宮例大祭、と呼び名は変わったが
今でも「お祭り」までは暖房を使うことがある、という目安は残っている。(と思う)
お祭りは6月15日で、確かに急に冷え込むことがあるのだ。
昔は、ストーブは据え付けっぱなしではなく
寒くなれば物置から出してきて・暖かくなればまたしまいこむものだった。
何しろ昔のストーブは壁置き式じゃないから、場所を取るのだ。
まず、床にストーブを置くための、タイルの重くてごっつい敷台を置いて
それから、ストーブにブリキの煙突を取り付ける。
長さの違うブリキの煙突を組み立てて、壁の煙突穴に差し込むのだが
去年はどれをどの順で組み立てていたかを毎度忘れているものだからw
帯に短したすきに長し・ああでもないこうでもないとガチャガチャ組んだり外したり
しまいには決まって家族でススだらけになってわあわあ揉めるしで
これはナカナカ大変な年中行事だった。
このように、ストーブは一度バラしてしまいこんでしまうと
寒いからといって、ひょいと出すわけにはいかなかったので
「お祭りまでは」という「目安=しきたり=ローカル・ルール」ができたのだと思う。
さてそこで
今日起きたら札幌では雪が15センチほど積もっていて
おばあちゃんが張り切って除雪に励んでいたのだが
薄い手袋ではすぐに手が冷たくなってダメだわ~、と。
もう使わないと思って
除雪用の分厚い毛糸の手袋を洗って片付けちゃったの~。
だーかーらー
三月中は冬物を片付けちゃダメって何度も言ったでしょー!
四月の入学式でも時には吹雪になるのが北国だ。
なのに、目の前の状況を見て「何となく」もう大丈夫だと思ってしまう。
これは、まだまだ
「三月中は冬物を片付けない」というのが
おばあちゃんの「目安」になっていない、ということなんだろうな。
ヨメが言うだけじゃダメか。
昔のストーブほどではないにせよ
冬物をまた押し入れから引っ張り出して
使ったらまた洗って片付けなくちゃならないのにね。

時には人それぞれの判断にまかせるよりも
「目安」としての「制度」を作ってしまった方がいい場合もある、と思う。


価値観
春の雪




判断 | 22:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
理系とか文系とか
知り合いの八百屋さんの話。
アルバイトに学生を雇ったら
「西瓜」が読めなかったのだそう。
「それ、スイカって読むんだよ」と教えると
「あ、ボク、工学部ですから」だと。
そういうことじゃないでしょ!とボヤいていた。

時々、理系と文系の壁が、と言われるが
理系の人が文系との壁を感じるよりも
文系の人が理系との壁を感じることが多いように思う。

でも、どちら側だろうと
壁を感じて・壁を作っているのは
壁を感じている本人だと思う。
今では高校ですでに理系と文系とで選択科目が違っているが
自分が高校生だった40年以上前は
理系も文系も、ほとんど同じ授業を受けて・勉強していた。
イマドキは豊富に参考書もあるし
ウェブでも勉強できるのだから
自分は物理がワカラナイと思ったら
物理の参考書を買って勉強すればいいし
自分は日本史がワカラナイと思ったら
日本史の参考書を買って勉強すればいい。
理系コースだからといって・理系の勉強しかしてはイケナイ
というワケじゃない。
勝手に自分で勉強すればいいだけのこと。
学問に壁なんか無いから!
キミたち、自由に勉強したまへ♪
自由、好きでしょ♪
私も好きだよ♪





教育 | 22:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
米を蒸す
昨日書いた「強飯(こわいい)」は、米を洗って水に浸してから蒸したものだ。
現在でも伊勢神宮など神事のお供えにされているし
お赤飯もおこわ(黒豆が入っているもち米のご飯)も特別な「ご飯」だし
蒸した米には今なお非日常の特別感が漂っている。
特別な時の調理法には古いしきたりが残っているものだ。
さてそこで
鎌倉時代くらいまでは、米は蒸して食べていたのだ
とされてきたのだが
大人になってから、ちょと、疑問がわいてきた。

お赤飯を作るときやお餅を搗くときには
せいろに洗ったもち米を入れて、大鍋にお湯をたぎらせて蒸し上げるが
柔らかくなるまで、強い火力で50分くらいかかるものだ。
もちろん、せいろを乗せる前には大鍋のお湯は煮え立っていなくてはならない。
まきストーブで2升のもち米を蒸し上げた時
プラスチックの大きなコンテナに山一杯のまきを使った。
これがもし普通にご飯を炊くのだったら
釜が煮立ってから弱火で20分過熱して
あとは釜を下ろして10分蒸らせば炊き上がる。
「炊く」方が時間はかからないし、まきの消費量は四分の一以下ではないか。

で、ナンでわざわざ蒸したのだろか?
食べるだけなら「炊く」、でいいでしょ。
そこで蒸す利点を考えてみると
鍋に焦げ付かない・こびりつかない・噴きこぼれない、ではないか。
こびりついたり・焦げ付いたり・噴きこぼれて
無駄にならないのとともに、何か「米の力」がそのまま留まると考えたとか。
強飯は特別なご飯で、普段は煮たり炊いたりして食べていたのではないか。
普段の食べ物は
裕福な人たちは炊いたご飯で、
庶民は色々混ぜて炊いた「かて飯」や雑炊で
貧しくなるにつれて、水分と米以外の食材の割合が増していくのではないか。
出土する土器の種類や分量から、強飯は多くはなかったという考古学者もいるが
イチ主婦としては
大量の燃料を使う・経費がかかることから
「強飯」は「特別食」であって、普段の食べ物ではない
と、考えるのであーる。

ちなみにウチではもち米は「炊きおこわ」にしている。
もち米だって炊けるのだ。





仕事 | 22:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ご飯を炊く
さて、昨日に引き続きご飯を炊く鍋について。
ご飯を炊く鍋で検索すると、ご飯用の鍋がたくさん出てくる。
普通、鍋と言うと色々な料理に使えるものだけど
で、ナンで、ご飯だと専用の鍋になるのか?
それは「粘るお米」を「煮る」じゃなくて「炊く」から。
「炊く」というのは、出来上がりで汁が無くなっている状態の調理法だ。
「炊き乾し」とも言う。
現在のような白米を炊いたご飯が食べられ始めたのは
遠く奈良時代で、要するに「水煮した固粥」だった。
ただし、食べていたのは貴族の一部だけ。
あとは玄米を蒸した「強飯(こわいい)」や雑穀飯や雑穀粥だった。
で、この固粥が鎌倉時代になると、「姫飯」と呼ばれるようになって
飯と言えば姫飯、となったのが室町時代の終わりごろ。
さてそこで
「炊く」というのはナカナカ特殊な調理法で
ご飯のように、最初から、ぴったり・丁度の水加減をして
鍋の中身全体に丁度よく火を通すには技術が必要だ。
カレーやシチューのような、とろみのある料理は
粘りの少ないみそ汁などに比べて水分が熱対流をしにくいので
熱が全体に伝わりにくく、火のあたる鍋の底が焦げやすい。
焦げないように全体にムラなく熱を回そうとするなら「厚鍋」がいいが
さらにご飯は鍋にくっつきやすいし、炊き上がったら混ぜなくてはならないので
鍋に粘りつかない材質と・かき混ぜやすい形状が求められる。
というワケで、ご飯用の鍋はご飯専用の鍋となるのだ。
日本のご飯は、実は世界的に見ても珍しいお米の調理法なのである。

高校時代、合宿所で大きな羽釜をプロパンのガスコンロに乗せてご飯を炊いたが
火力が弱い上に火が釜の底にしか当たらず
三日間くらいは「メッコ飯」ばかりになってしまった。
要するに熱が全体に回らないので、釜の底は焦げているのに
上の方は生煮えという惨状であった。
それでも釜の蓋を重くしたり、水加減を工夫したりして
五日目にはちゃんとしたご飯が炊けるようになった。
それを思うと、炊飯器は偉大である。





実用 | 22:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ご飯の鍋が
かれこれ10年ほど使ってきた小さな圧力鍋が使えなくなった。
パッキンの一部が欠けてしまったのだ。
そこのメーカーのサイトを見ると
もうずいぶん前に圧力鍋の生産を終えていて
圧力鍋の修理・部品販売も2年前に終了していた。
あー、これではパッキンの交換はできない。
ごく一部だったので、ナントカだまして使えるかなー
と思ったのだが、鍋はだまされてはくれず
シュー、と蒸気が逃げる。
そこで急きょ普通の鍋でのご飯の炊き方に変更したが
水の量はそのままだったので、炊き上がるまでびくびくしたが
食べられるご飯になってくれてめでたしめでたし。
今回はそれなりにしのいだが、圧力鍋としては使えなくなった。

ちょうど明日が資源回収なので
この鍋は回収に出すことにした。
今まで10年間世話になったね、ありがとう。
確かこの圧力鍋は、おばあちゃんが何かのポイントをためて入手したのだが
なかなか使い慣れなくて、年に一度、年末の昆布巻きを作るだけだというので
ヨメの自分にくれたのだった。
全くもって日本の経済に貢献しない人間である。

さてそこで、新しいご飯を炊く鍋を買わなくちゃ。
どういうのがあるのかな、とネットで見てみると
土鍋あり、釜あり、へへー、ずいぶん色々あるものだ。
え、炊飯器はって?
そういえば結婚以来炊飯器ってほぼ使わないできた。
それこそ「何となく」。
いや、一度頂き物の炊飯器を数年使ってみたが
タイマーを仕掛けない限り、ガスより時間がかかるのが不便だったから、だろか。
鍋だと火加減で炊き上がりを調節できるのが便利だったし
おコゲも作れるし♪
というワケで、あと数日間
どんな鍋にしようかと、楽しく考えようと思う。





実用 | 22:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad