FC2ブログ
 
■プロフィール

図書館のネズミ

Author:図書館のネズミ
図書館と博物館と雨上がりのポプラの匂いが好きです。
もうやめた!と思いつつも気が付くと考え続けています。
祝記事数2000♪
右上の検索窓で色々調べ物?もできますよ。
「実用」のカテゴリーも結構役に立つかも。

■訪問者

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ウミネコまみれのひと時は磯の香とフンの臭いに包まれて
先日、青森県八戸の海岸にある「蕪島」という小さな島に行ってきた。
DSCN6622.jpg
実はここは、2014年の春に通りかかった場所で
身体で感じた東北旅行
ここを列車で通り過ぎながら目の前に
鳥居と建物のある小高い島のようなものが見えて
しかも全体に細かい白い“まだら”があって
「はああ!?これは、一体、ナンぞ!?」と驚いて
家に帰ってから地図を開いて調べてみて、蕪島だとわかったのだ。
「あの白いまだらはウミネコたちであったのかーっ!」
というワケで
またいつか・1度は見に行くぞ、と思っていたのでござる。

ここには蕪島神社があって(残念ながら現在工事中で2019年12月まで本殿には入れない)
DSCN6639.jpg
ウミネコの繁殖地で島そのものが天然記念物なので
主役はウミネコたち。(いやそれでも神社の浄財箱に寄付してきたお)
ウミネコと言えば「ミャウミャウ」と鳴く気がするが
DSCN6631.jpg
そこらじゅうが「アーッアアーッアウアウアーッ」の大合唱で埋め尽くされていて
DSCN6662.jpg
    ↑     ↑
観光に来た人間は小さくならざるをえない。

さてそこで
この地面の白いまだら模様にお気づきだろうか・・・(六角精児の声で)
DSCN6661.jpg
このまだら模様は
DSCN66612.jpg
おびただしいウミネコたちが当然排泄するおびただしいフンが描く模様なのだ。
つまり
以前列車の中から見た蕪島の“細かい白いまだら”はウミネコだけじゃなくて・・・

正直、海辺の磯の香というよりも
ナンか臭い・・・

踏まずにそこらを歩く事はできないので
なるべく“ナマっぽい”のは避けつつウミネコの間を通らせていただく。
で、どうにも大量のフンが気になって帰ってから調べてみると
最近記録された日本鳥類の感染症あるいはその病原体概要
やっぱり、色々と感染のことなどあるから
“みだりに”足を踏み入れない方がよさそうだぞ、と。
そういえば
北海道には宮島沼という渡り鳥の“名所”があるのだが
夕方になって次々とマガンの群れが沼を目指して飛来する様子に圧倒されながらも
「ナンか、ここ、結構、臭い・・・」
「こんなにいるんだから、当たり前か」
と思ったことがあった。
この時は鳥インフルエンザの騒ぎがあったころだったので
大量のフンと共に“感染”をリアルに感じたものだ。
現場に行くと色々とリアルに体感できるものですな。
ニオイは現場に行かないとわからない。




なんだこりゃ | 17:17:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
馬も仕事に楽しみを
イマドキ珍しく農耕馬を使っている人が言っていたこと。
馬は、例えば斜面を耕すなどの重労働でも
頑張れるだけ頑張ってしまうのだと。
しかし、辛い重労働でその日の作業を終えてしまうと
“仕事はツライ”と認識してしまって
仕事が嫌いになってしまうのだと。
だから
一日の仕事の締めくくりは、辛くない・楽な作業にするのだと。
あー、これ、人間でもそうだよね。
仕事が辛くて辛くて怒られて疲れて一日が終わるなら
もう、仕事なんて、仕方なくやるものになってしまうよなあ。
運動で言えば“整理体操”とか“クールダウン”とか
明日も働こうと思えるような
ちゃんとした終わらせ方にした方がいい、ということだ。
これ、仕事ばかりじゃなくて
勉強でも運動でもそうだと思う。
明日も続けたいと思えるような
楽しみというか、小さなやりがいというか、ご褒美というか
頑張りすぎた状態で一日を終わらせない。
でも、ついつい、やっちゃうんだよなー。
反省。

遠い道のり






仕事 | 20:43:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
ごしごし洗うは物理攻撃
以前、近所の奥さんが
「子どもの靴下の汚れが取れなくって」
「洗わないで捨てちゃうことがある」
と言っていたので
「手を洗う石けんをつけてごしごしすると結構キレイになるよ♪」
と言うと、固まってしまった・・・。(汗
また別の人が
「黒いポロシャツ洗うと、すぐに白っぽくなっちゃうんだよね」
「洗濯機新しくしたらナンか洗い方がパワフルになって」
と言うので
「そのポロシャツだけ、手洗いしたら?」
と言うと、やっぱり固まってしまった・・・。(汗
手を使って洗うって
そんなにハードル高いのか!?
あれからもうすでに20年以上。
イマドキの洗濯というと、ほぼ全自動洗濯機だから
手で洗うなんてことはますます“ありえないハナシ”になっているのだろうなあ。
だけどさ
強い洗剤や漂白剤を使わなくても
ちょっと“ごしごし”すれば落ちる汚れだったら
“ごしごし”すればいいのじゃないの?
お金、かからないよ?
やってみたら、簡単だよ?
というワケで
洗濯機の中の汚れも、ちょっと“ごしごし”すれば落ちるのに
全自動だと手が届かないばかりに漂白剤のお世話になってしまうんだよね。
“ごしごし”できる全自動洗濯機はできないものかいな。

痕跡器官
洗濯板
二槽式洗濯機が使いたい




なんだこりゃ | 09:58:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
非常持ち出し袋の中身
非常時にとりあえず持ち出すという非常持ち出し袋。
その中身はナンだろか?
ウェブ上には
非常時の持ち出し品・備蓄品チェックリスト
防災グッズリスト
などなど、いくつも見つかるし
中身ごと「非常持ち出し袋」と銘打って販売されているものもある。
アウトドアをやる人だったら特に悩むことも無いと思うが
一般の方だったら
2泊3日か3泊4日の旅行や出張に行くつもりで考えるのがいいと思う。
まだ自分が経験していない災害のことを想像するより
“節約旅行”に出かけるなら、何を持って行けばいいか
を考える方が現実的だと思う。
ああ、それならと
色々頭に浮かぶでしょう?
他の人が用意できない・してくれないものを
自分だけの持病の薬だとか、歯間ブラシだとか、守り神だとかを忘れないように。
それプラス
お薬手帖や通帳、印鑑等々を普段からまとめて保管しておいて
いざというときに持ち出し袋に突っ込んで持ち出せばいいのでは。
さてそこで
防災袋を持って避難するということは具体的にどういうことだろか?
家を離れる、ということですよ。
パソコンもテレビもタンスも置いていくわけですよ。
絶対に盗られちゃ困るとか火事や水害で流されたらアウト!
というものは持ち出さなくちゃ、ですよ。
それは何かを普段の生活の中で
ちょっと、立ち止まって考えておくべきでしょうな。

防災の日
わが家を砦に!




判断 | 11:14:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
絵を描く人は何を見て
イマドキの漫画家は
あ、イマドキは“絵師”と言うのだっけか?
それはさておき
先日ネットで
上を向いた人の顔が上手く描けないという悩みを見かけた。
その悩みに対して
色々な人が色々とアドバイスしていたのだが
自分とか友人とか上を向いたところを写真に撮ってそれを見れば?だとか
上向きの人の顔が上手く描けている誰かの絵をマネして練習すれば?
というのを見て
ん?
モデルや写真を見ても上手く描けない、ってことではなかったってこと?
絵はまず、モノを見て描くのが基本じゃないの?
あと、うまい人の絵をひたすらマネして練習するとか。
デッサンも、観察も、人マネもしないで
いきなり絵を描き始めるのだろうか。
イマドキは紙に鉛筆やペンで描くのじゃなくて
ペンタブ使って綺麗な色や線を描き込んでいけるわけだが
だから紙もペンもインクも浪費しないで練習ができるはずでしょ?
じゃあ、紙に描いていた時代よりもガンガン練習できるはずでしょ?
違うのかな。
いやそれでもさ
絵を描くってのは・描くのと同じくらい見るものじゃなかろうか。
自分の頭の中にある景色ばかりを描いていても
すぐにネタは切れるのじゃあるまいか。
絵に限ったことじゃなく。

お絵かき
“学ぶ”は“マネぶ”




教育 | 21:56:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad